資格は取得した後が勝負です

さて、本サイトを訪れた皆さんであれば目下の目標は「資格取得」であり、「資格さえ取得できれば何とかなる」とお考えかもしれません。
資格取得へのモチベーションを奮い立たせるため、あえて「資格さえ取れれば」と思い込むのなら、こうした考え方も効果的であると思います。しかしながら、資格取得後においても「資格さえあれば必ず稼げる」と思い込むのは得策ではありません。

 確かに、資格を取得することで稼げるようになる方はたくさんいらっしゃると思います。世の中、特定の資格に特化した独占業務というのはたくさんあります。具体的には、社労士であれば労働保険や社会保険関係の手続き代行、司法書士であれば登記、宅建であれば契約時の重要事項の説明等がそれにあたり、こうした独占業務がある限りはその資格に対するニーズというのは常に一定量あると言っても過言ではありません。
ですが、最近では「資格で稼げる!」「資格で人生を切り開く」等のキャッチコピーが巷にすっかり蔓延し、こうした風潮の中でどの資格も有資格者が飽和状態となりつつあります。
よって、これから資格で稼ごうという方にとっては、巷にゴマンといる有資格者の中からいかにして秀でるか、というのが最大のテーマとなることは言うまでもありません。

 そういった意味で、「資格さえあれば稼げる」等の“資格万能主義”は、今日においてはもはや時代遅れ。資格だけで稼げる時代はすでに終わっているのです。
とはいえ、資格など取っても稼げない、意味がないのかといえば、それは必ずしもそうとは言えません。資格を取得した後も、継続して稼ぐための努力が出来るのであれば、その可能性は無限大であると感じます。実際、士業と言われる人の中にも、資格を活かしながらも新しい手法でがっつり稼いでいる方はたくさんいらっしゃいます。
重要なのは、「この資格はこう稼ぐ」という凝り固まった考え方を捨て、新しいアプローチの仕方を試みていく術を常に検討していくことなのではないかと感じるのです。

 資格は万能ではありません。資格とともに求められるのは、アナタ自身のオリジナリティ。ぜひとも、新しいことにチャレンジされてみて下さい!

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ