知識だけではダメ、ビジネス上実務スキルは必須です

さぁ、前ページでは「資格を武器に新たなアプローチを検討せよ」といった趣旨のことをお話ししました。資格を取得しても必ず稼げるわけではない、これまでとは違った資格の活かし方を考えることが重要、ということです。
とはいえ、それぞれの資格についてスタンダードな稼ぎ方、つまり基本的な実務の内容にはまったくノータッチというのであれば、上手く資格を活かしていくことは難しいのではないかなと思います。
どんなアプローチで営業活動を行っていくにしても、最終的に各資格の独占業務の遂行を求められる場面は多々あるでしょう。
そういった意味では、資格特有の実務の基礎を習得しておかなければならないことは言うまでもないことなのです。

 ここでひとつ議論に挙がるのは、「資格取得が先か」「それとも実務経験を積むことが先か」といった点です。
資格取得をしてから実務スキルを習得するか、実務の延長上で資格取得を目指すか、ここは考えどころだと思います。
理想をいえば後者の流れが自然なのかもしれませんが、実際問題これから何かしらの資格で稼ごうというのであれば、必然的に前者になるのではないかと考えられます。
もっとも、結論から言えば「どちらが先でも大きな問題にはならない」という事実はあるのですが。

 資格で稼げるようになるために、実務を積む場は正社員としてだけでなく、パートやアルバイトといった雇用形態も幅広く視野に入れるのが得策です。
この不景気な世の中においては、ただでさえ正社員のような安定したポジションを確保することは容易ではありません。
あくまで「経験を積んで資格で稼げるようになること」が目的なのですから、雇用形態にこだわるのは論外。
経験を積ませてもらえることに感謝しながら、自分自身の力のみで資格で稼げるようになるその日を目標に、着実にスキルの習得に努めましょう。

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ