今後稼げる可能性が高まるファインナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(略:FP)とは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な資金を税金、保険の見直しなど専門的な観点から アドバイスする仕事になります。 簡単に言ってしまえば、金融に関する法律の専門家です。

そのため働き場所としては、保険業界、銀行、証券会社、不動産業界などの 企業内FPが多いのが現状です。

しかしもともとは独立開業型の資格なので、最近では企業に属さないで独立系のFPが増えてきました。そして、それと比例して数千万円と年収を稼ぎ出す人が増えています。
但し独立開業して本当に稼いでいる人は、増えてはいますが、まだ一部の有資格者だけで、
その多くは企業内でステップアップして稼いでいる人が多い資格です。

では一般的なFPの平均年収はというと、その業界に合わせた形になり、
例えば、保険業界で言えば会社の規模によって変わりますが、上場企業の会社で、 平均年収が800万円以上というデータもあります。
又、銀行系なら650万円前後といわれています。 但しこれはあくまでも各企業が自己申告した平均なので、現在それらの業界に勤めている方でも、 そんなにもらっていないという方のほうが多いのではないでしょうか!

ですが! 独立した場合は違います。もちろんリスクもあり、まだまだ未知数の資格ではありますが、 先程も説明したように数千万円と稼ぎ出す人が増えはじめています。

その背景にあるのが景気悪化による不況の影響です。
どういうことかというと、例えば現在不況の影響で、住宅ローンが払えない人たちが多く、 FPへの相談が増えはじめています。 これはどうやったら返済していけるのか、最悪は手放さなければいけないのかと言う事を 専門家の意見が求められています。

又将来の老後を心配する人たちが、年金だけでは不安なので、現在の資産を金融商品などで 運用して、どのように増やしていくかの相談も多いといいます。
この仕事は、企業内のFPだとどうしても自社商品の販売になり、中立的な立場には立てませんが、独立したFPなら現在、もしくは将来の情勢を予測して、その顧客に一番良いとされる
運用の仕方をアドバイスできます。

このような背景から今独立系のFPが増え、そして稼いでいるのです。 現にまったくの異業種や主婦がFPに転職して成功をしている人達もいます。

FPはまだまだ新しくこれからの資格です。
しかし今後も需要が増えることが予測され、これからどんどん稼ぐ人が出てきます。
有資格者が増え、需要が飽和する前に早めに取得するのも良いかも知れません。

続きは(司法書士)コチラ

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ