知っていて損はない!だから稼げる行政書士!

数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。

私が以前勤めていた会社の顧客で、行政書士事務所を営んでいた先生の年収が 1千万円を超えていた人がたくさんいました。(もちろん稼げていない人もいます。) 又公式の発表ではないのですが、行政書士の平均年収が600万円前後となっていたデーターもあります。
これは他の資格の実態を知る私から言わせてもらえば良いほうだと思います。

さらに今の士業は、一昔前のように報酬基準が定められ、広告などのプロモーションの 規制がありませんので、自由に全てを決められ、稼げる可能性を考えればきりがありません。 それだけ魅力的な資格といえると思います。

しかし意外とこのような事実を知らない人も多く、中にはインターネットなどで稼げないといっている人もいますが、やり方次第では本当に稼げる資格だと考えて下さい。 後はどのようにプロモーションしていくかにかかっています。

それではなぜ行政書士が稼げるのか?
その答えはいたってシンプルで、マーケットが広く、まだまだ未開拓な需要が多いということです。 例えば行政書士の主な仕事の一つに法律の知識を用いて役所に提出する書類の代筆や提出になりますが、その取り扱える種類は、1万を超えるといわれています。 しかも顧客となる相手が個人や企業を問わないので無数に存在します。 つまり誰でも顧客になる可能性があるのです。

しかし、今の行政書士事務所のホームページやチラシを見ていると、建設許可、風俗営業許可など、どこでもやっているような当たり前の宣伝をしているところが多く見受けられます。 それではどんなに頑張っても顧客を獲得して稼ぐことは出来ません。 詳しくは趣旨とは反するのでここでは割愛しますが、1万以上も書類を扱えるメリットを活かし もう一工夫することで、まだまだ稼げる余地はたくさんあります。

さらに行政書士は、自宅を事務所にすることで資金的なリスクがなく、資格を取得すれば 簡単に独立開業できるので、どれにでもチャンスはあります。 現にまったく実務経験がない人が独立開業して、会社員時代の3倍の年収を稼いでいる人がいました。

細かく言えばまだまだありますが、これらが行政書士の稼げるといわれる根拠です。 そして、今回紹介する資格、はたまた今世の中にある国家資格と比べても 行政書士は、試験の難易度、年収などを考えれば私のもっとも一押しの資格です。

今仕事や生活が安定していてもこれからどうなるかわかりません。 そんな時のために今行政書士の資格を取得しとくのも将来の財産になると思います。

続きは(社労士)コチラ

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ