マンション管理会社が絶えず必要とする、管理業務主任者

マンション管理士としばしば並び称される資格、それが管理業務主任者です。

管理業務主任者は、マンションの管理会社に属して活動する資格だと考えてほぼ間違いありません。管理会社の立場に立つため、管理組合およびマンションの住民に向かって管理の状況について説明したり、さまざまな連絡をとったりします。住民が管理側に求める事柄について対策することも仕事の一部となります。マンションの管理は、施設の整備や諸問題の解決をするだけでは終わりません。マンションは不動産であるため、資産としての価値を維持することがすべての目的にかかわってきます。

管理業務主任者は重大な任務を背負うわけですが、その年収は勤務する組織しだいで決まります。サラリーマン(またはOL)生活をすることになる、そう解釈してかまいません。
管理業務主任者の平均年収については、ある時期に「400万円前後か、それを軽く超えるくらい」というデータが発表されて物議をかもしたことがあります。

これは高い年収だとはいえません。しかし、このデータがうわさになった時期を思い起こしてみましょう。管理業務主任者は制定されてからまだ20年とたっていない新しい資格です。そして過去20年間、特に2010年代の初期までは極度の不景気が続いていました。
管理業務主任者の平均年収も、そのような時代の荒波をもろに受けてしまったわけです。その点を無視して考えるべきではないでしょう。
管理業務主任者が必要となるマンションはたくさん残っています。当然、管理会社への就職のあても、これからあがっていく可能性がありますし年収もよい方向に変わっていっても不思議ではありません

続きは(人気通信講座ランキング)コチラ

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ