地味なのにやりがいがある資格:マンション管理士

マンション管理士は、できてからまだ20年と経っていない、新しい資格です。年収をはじめ見どころが多い資格なのですが、まだ誤解されているようです。

たとえば、マンション管理士はマンションの管理をする企業に勤めている、そんな誤解を受けているようです。しかし実際には、マンションの管理組合がマンション管理士の活動する舞台となります(当然、不動産会社等に社員として就職することだって多いわけですが)。管理組合は基本的に、そのマンションの住民が結成する組織です。

マンションは集合住宅なのですから、日々いろいろな変化が発生します。当然、トラブルだっておこります。組合が必要となるのはそれが理由ですが、住民たちは結局素人ですから何もできません。そこでマンション管理士の出番となるのです。マンション管理士は、試験を経てさまざまな知識を吸収していますから、組合のために多岐にわたる活躍をすることができるのです。

マンション管理士の平均年収は、400~500万円くらいではないかといわれてきました。仕事をはじめたばかりの段階では、300万円くらいがベースとなるようです。
しかしマンション管理士は、この相場の年収を上げる手立てがあります。
たとえば、独立という選択肢です。独立した事業者として組合と契約すれば、平均年収の倍以上を受け取るチャンスが出てきます
また、宅建士をはじめ現場の業務に関係が深い資格を取得することで、年収を上げるチャンスを持てます。資格手当の制度が用意されている会社は全然珍しくありません。

どちらにしても、資格をとって仕事をはじめてから、経験を積みながら少しずつ年収を上げる機会をうかがうことになります。キャリアの最初から年収をアップさせることは無理ですが、歳月をかけるなら年収はおおいにあがる見込みがあるのです。

続きは(管理業務主任者)コチラ

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ