稼ぐ資格には、普通の人たちが合格しています

稼げる資格といえば、だいたいは登録するまでの道のりがとんでもなくけわしいという共通点があります。

 行政書士にしろ社労士にしろ、まず試験に受からないといけません。実は試験以外のルートもあるのですが、そのルートはきわめて特殊な人しか通れないようになっています。

 ところで合成書士や社労士の試験は、どれくらい難易度が高いでしょうか? これが何と、それぞれのここ10年間の合格率は、毎年のように10%を切っています。それを眺めていると、一流大学の合格率が楽に見えてくるほどです。

 稼げる資格を受けようとした人たちは、資格の取り方を調べたときに、そのようなシビアな試験の現実を目の当たりにしてへこたれてしまうことがあるようです。しかし、それだけであきらめる必要はまったくありません。

 行政書士や社労士、FPや宅建くらいならいくら合格率がハードだといっても最難関クラスではありません。毎年一定人数の合格者は出ていますし、それらの顔ぶれも特別な人たちではないのです。合格者の大半は、つい1年前まではその資格のことをいっさい知らなかったような人や、特別な学歴や職歴は持っていないような人たちでいっぱいです。普通の人々なのです。

 これらの試験問題の共通点に「普通の人々でも、まじめに勉強をすれば試験に受かるようにできている」という点があります。特にまじめにやったほうがいいのは、前年までの試験問題を注意深く研究すること。そこをクリアすれば、試験の合格は現実的に誰でも狙えるのだと思ってください。

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ