一度顧客を掴まえれば稼ぎ続けられる社会保険労務士!

社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。

社労士とは各企業の雇用保険、社会保険などの書類の作成や代理提出。
就業規則や退職金規定の作成、そしてキャリアを積んでいくと人事や労務のコンサルタントとして活躍します。

細かな仕事はまだまだたくさんありますが、 要するに企業の「ヒト」に関する法律を取り扱う専門家になります。

さて年収はというと?
一般的には400万~600万といわれています。
ただしこれは働き方によって年収が異なります。どういうことかというと。
社労士は基本的には独立開業型の資格ですが、意外と多いのが企業で働く、「勤務型社労士」です。これが行政書士との一番の違いです。(行政書士でも事務所に勤めている人がいる)
勤務型社労士の場合はリスクが少なく、収入が安定する可能性がありますが、
多くを望むことは出来ません。

逆に開業すればリスクはありますが、その分高収入を得ることも出来ます。 社労士も行政書士同様、年収が1千万円超えていることが多くいて、稼いでいる人では、 私の知る限り2千万円を優に超えている人もいると聞いたことがあります。 又社労士の場合、企業と取引することになるので、顧問契約を結ぶことができれば、 毎月安定した収入を得ることが出来ます。 実際に高収入を得ている人は、何社も顧問企業を持っているそうです。

しかしデメリットもあります。
それは相手が企業になるので、開業した当初は顧客獲得が行政書士よりも厳しくなります。 もちろん一度顧客が出来れば、その後は信頼がつきスムーズに顧客を獲得できる可能性もあります。

次に試験が難しいというとこともあります。
今の社労士の試験範囲はかなり広く覚えることがたくさんあり、2・3年は勉強する 覚悟をもつ必要があると思います。 中には高学歴の人なら6ヶ月程度で合格する人もいますが、それは一部の人なので、 通常では中々難しいことです。

しかしその分社労士はどの企業にも必要になる仕事をするので、稼げるだけではなく、やりがいもある魅力的な資格だといえます。

男性も多くいますが女性のキャリアアップのための資格として取得する人が多いのも特徴です。

続きは(宅建)コチラ

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ