リスクが大きい司法書士!

司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格て、
年収1千万円を超える人が多くいます。 しかしその分リスクが他の資格以上に大きくなります。

というのも司法書士で一番難しいのは、試験に合格することです。
その難易度は、今回紹介した資格は比になりません。 中には10年間勉強しても合格できないという人がいますし、 ある程度学力が高くても3・4回落ちるのはザラです。
しかも働きながら毎日数時間勉強するということではなく、一日中勉強している中での話です。

これは今仕事をしている人達に強く勧めるのは少しリスクが高くなるように思います。
さらには独学では厳しいのでその間、学校に通学しなければならなく、
受講料も有名な学校で1年間40万円近く必要となります。

又数年間勉強付けでやっと司法書士になれたとしてもすぐに稼ぐことは出来ません。
通常司法書士は、実務経験を積んでから独立することになるので、 雇われている間は
給料が普通のサラリーマンと同等か、どちらかといえば低くなります。
良くても30万くらい、悪ければ20万円くらいではないでしょうか!これが実情です。

これらのようなリスクが伴ってくるのです。

しかし、成功すれば今までは考えられない収入を稼ぎ出す可能性もありますし、 何よりも社会的価値の大きい仕事なので、やりがいもあります。

司法書士の仕事は、不動産登記、商業登記さらにはある一定の条件の場合、弁護士同様 裁判もすることが出来ます。

例えば一例を上げると、商業登記なら会社設立、株式の増資など本人に代わって手続きをすることが出来ます。
又、破産申請や民事再生に関しての書類を作成し裁判所に提出するという重要な仕事もあります。 これらの仕事は行政書士には出来ません。
言うならば今回紹介した資格と比べて、より専門的で社会的地位の高い仕事といえるかもしれません。

もし、これから司法書士を目指すなら稼ぎたいという思いより、
社会的貢献的な感覚にならないとこの資格に手を出すべきではないと思います。

続きは(最後に)コチラ

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ