企業で力を発揮して稼ぐ宅建!

宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。 もちろん中には不動産業で独立するために資格を取得する人もいますが、 その場合、数百万から数千万円の資金が必要となり現実的ではありません。
ですので、将来独立して多額の収入を得るという感じの資格ではないと思います。

しかし独立しなくても稼げる可能性があるのが宅建です。
なぜなら、宅建は資格手当てというものが出ます。 価格は企業によってまちまちですが、毎月5,000円~5万円くらいが相場です。 例えば月に1万円だったとしても1年間で12万円も違ってきます。 普通のサラリーマンでこの価格は大きいのではないでしょうか!

それだけではありません。
物件の契約時の重要事項の説明は、有資格者でないといけないという決まりがあります。
これは営業する際にとても強みになることだと思います。 例えば不動産業界では、
契約ごとにインセンティブが貰える給与システムになっているところが多いのが実情です。

基本給と別に一月の売上の1~10%といった感じで商品や会社によってまちまちですが、
売上が上がれば上がるほど、給料が増えるシステムになっています。
そうした中で、資格を持っていなければ、自分ひとりでは契約できないので、 他の有資格者に助けてもらいインセンティブを折半するなんて事にもなりかねません。
だからこそ資格を持っているといないとでは、年収に大きな開きが出てしまいます。
これから、不動産業を目指している人なら稼ぐために宅建の資格が必要になるのです。

しかし残念ながら不動産業は、不景気で中々稼ぐことは出来ないと耳にすることがあります。
確かに今は不景気でバブルの時ように稼ぐことは現実的ではありませんし、
多くを望むためには人の何倍もの努力や実績を積まなければなりません。

ですがそんな中でも資格を利用して稼いでいる人たちは多くいます。 実際に私の知り合いでも、
ある中堅の不動産会社に勤めていて、不動産が売れないと 言われているこのご時世で年収1250万円稼いでいます。 彼は特に優秀というわけでもなく、やり手というわけでもありません。 要はやり方次第ということです。

又宅建の資格を持っているだけで、就職・転職が有利になるというメリットとがあります。
前述したように契約時の重要事項の説明はもちろんですが、不動産業を営む会社なら、
事務所に5人に1人の割合で有資格者を配置しなければならないと法律で定められています。
つまり企業にとって絶対必要で喉から手が出るほどほしい資格なのです。

例え、年収1千万円以上と稼げなくても平均年収が600万円を超える比較的稼げる業界なので、安定してそこそこ稼げたいという人には最適な資格だと思います。

続きは(FP)コチラ

>>本当に稼げる資格に合格するためのポイントは?

稼げる資格一覧
行政書士

<知っていて損はない!だから稼げる行政書士!>
数多くある士業の中で稼げる可能性が高く、しかも他の士業に比べれば合格する可能性の高い、 いわば、おいしい資格が行政書士です。 詳しくはコチラ

社労士

<一度顧客を掴まえさえすれば稼ぎ続けれる?>
社会保険労務士(略:社労士)で稼げる話をする前に意外と社労士はどのような仕事をしているか知らないので、はじめに紹介します。詳しくはコチラ

宅建

<企業で絶大な力を発揮!>
宅建の資格は独立開業して稼ぐというよりも企業内でその力を発揮して稼ぐというイメージを 持つべきだと思います。詳しくはコチラ

FP

<今がチャンス!今後稼げる可能性がUP>
ファイナンシャルプランナーとは、顧客の収入や支出、資産のライフスタイルを分析し、 教育費、マイホームの購入などに必要な...
詳しくはコチラ

司法書士

<課題は試験合格!>
司法書士も独立開業型で成功すれば他の資格同様たくさん稼ぐことの出来る資格で、 年収1千万円を超える人が多くいます。
しかしその分リスクが...詳しくはコチラ


通信講座で資格を取るなら合格率の高いフォーサイトがオススメ